Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

インド旅行記アーグラ編〜タージ・マハルの綺麗さと迫力に圧倒される〜

      2015/08/25

2015年3月、会社に退職願を出し有給休暇中にインドのコルカタ、バラナシ、カジュラホ、アーグラ、ジャイプル、デリーを3週間で巡る旅に。

今回はインド旅行記第五弾、あのタージ・マハルのあるアーグラを実際に撮った写真と共に振り返ってみたい。

第一弾はこちら(インド旅行記コルカタ編〜最初に乗ったタクシーが事故って波乱の幕開け〜
第二弾はこちら(インド旅行記バラナシ編〜ヒンドゥー教の聖地ガンガーに魅せられる〜
第三弾はこちら(インド旅行記カジュラホ編〜教科書に載っていた愛の彫刻に興奮?〜
第四弾はこちら(インド旅行記鉄道編〜インドの長距離列車は意外なことに?快適!〜

アーグラはデリーの南約180kmに位置し、人口は約160万人の中都市。アーグラがインド旅行者にとって欠かすことができない都市であるのは、誰もが知る世界遺産タージ・マハル、アーグラ城があるから。

昔から何度も教科書やテレビで見て知っているタージ・マハルを目の前にした時、それは長年会いたくてしょうがなかった人とようやく会えたような大きな達成感に包まれた。


夕暮れのアーグラに到着。旅も中盤、インドのスタイルに慣れてくる。

station寝台列車はアグラカント駅に。駅前のリキシャには乗らずちょっと歩いたところで、流れのリキシャと交渉し、まずはホテルを探すため中心地へ向かう。

 

agraリキシャに乗る時は必ず地図を見ながら今どこにいるのかを確認し土地勘を養うことに。駅前で乗ったリキシャは途中で大きな交差点を左折し、アーグラ中心地とは違う方向へ。どこにいくんだと聞こうと思った時、このガソリンスタンドへ。とても混んでいて20分くらいの時間をロスするものの、インドだとこういうのがむしろ面白い。

 

agraホテルも無事に取れて近くをぶらつくと、ラクダの列を発見。荷物運びに使っている?のか定かではないが、実際にまじかで見るとその巨大さに圧倒される。

 

agra夕食はオムライスとバナナミルク。地球の歩き方にこの店のバナナミルクは最高に美味しいと書いてあって、行ってみる。味はホントにうまかった。値段は50ルピー(約100円)。

念願のタージ・マハルへ。さすがは世界遺産、文句なしでいく価値あり!

agraタージ・マハルの入り口。入場料は外人が750ルピー(約1,500円)、インド人は20ルピーとその差なんと38倍。

 

agra入り口を出るとそこには、ドカ〜ンとタージ・マハルが。このタージ・マハルはムガル帝国皇帝シャー・ジャハーンが、死去した愛妃ムムターズ・マハルのため建設した墓廟。1653年に竣工された。

 

agra6近くで撮った王妃のお墓のある建物の写真。細かいところまで彫刻され美しく繊細だ。

 

agra

王妃のお墓から入り口方面の写真。全てが対称に配置されきれいに整備されていて美しい。

 

agra

タージ・マハルの裏にいた猿。世界遺産で毛繕いをしているとはなんともマイペースというか、優雅というか。。

 

agraカメラを持って建物を撮影していると、修学旅行?の生徒と先生が私を向いて手を振っているのに気づく。そこで撮った写真。みんな笑顔が素晴らしい。

 

agra

このイケメン少年達からも写真のリクエスト。

 

世界遺産アーグラ城

agraアーグラ城の入り口。インドの歴史的な建物はこのように重厚で赤茶け色が多い。

 

agra

アーグラ城はムガル帝国皇帝がアクバルの時、居城のために1565年に建設を開始し、その後18世紀初頭まで建設が続けられた。

 

agra

皇帝の寝殿と庭園。建物は白の大理石で建築され、中に入ると冷んやりとして気持ちがいい。

 

agra

ギーナ・マスジドと呼ばれる宮廷の女官たちの礼拝堂。

 

agraアーグラ城から見るタージ・マハル。

 

agra

agra

ここでも少年達に写真を撮ってと言われたり、撮られたりで交流。そういえば、オジサンだからかもしれないが、インドでは声をかけてくるのは決まって若い男性で女性からは声をかけられることはなかった。男性は社交的で活発、女性はシャイな人が多い印象。

 

アーグラの街を散策

agraアーグラにあるイスラム教のモスク。インドはヒンドゥー教徒が大多数を占めるが、イスラム教徒も2億人近くいるとのこと。イスラム教のモスクではイスラム帽を被ったり、写真撮影禁止など気を使うことが多い。

 

agra市内はどこも人、リキシャで混雑し活気がある。

 

agara

大きな声が聞こえたと思ったら、喧嘩が始まる。

 

agraいつの間にか人が集まり喧嘩は止められて終了。引き分けに終わる。

 

agaraたまには麺もいいなと思い、カレーパスタを頼んだところ出てきたのがこれ。腹が減っているにもかかわらず全部食べれなかった。

 

agara

パスタが残念な結果になったので、間違いのないバナナーヨーグルトで腹を満たす。

 

アーグラでのベストショット「陽気な先生と修学旅行生達」

agra

タージ・マハルの写真にしようと思ったけど、このインド人の人懐っこさがわかる写真。生徒だけでなく先生も笑顔で手を振ってくれた。とてもお気に入りの一枚。

インド広しといえどもこのタージ・マハルは外すことができないほど素晴らしい。有名な遺産や建物はカメラできれいに撮影され、本やテレビで見るよりも実際に行って目にするとがっかりすることも多いものだが、このタージ・マハルはその綺麗さと迫力に圧倒され高い入場料も忘れるくらいだった。

インド旅行記アーグラ編完

 - 旅行